テープディスペンサーワッツ

2016年12月13日  投稿者:折原  コメント 1件

百均のテープディスペンサー

100円とは思えないしっかりした作りのテープディスペンサー

カテゴリ文具
購入店舗:ワッツ
店舗地域東京都八王子市
購入時期:2016年
評価
  • おすすめ

テープディスペンサーが壊れてしまいました。まぁディスペンサーがなくてもハサミで切ればいいですし、最悪爪でも千切れるのですが、最近セロテープの使用頻度が高くなってきているので購入することにしました。

買ってみた

買ってきたのはこちらの商品。

テープディスペンサー

数か月前から色んな100均でよく見かけるようになり、その100均らしくない見た目が印象に残っていた商品です。手に持ってみてもかなり重みがあり、片手で使えそうです。

テープディスペンサー

重りとしてセメントが入っているらしいです。どうりで……。
どちらかというと文房具店にありそうなパッケージじゃないですか?

これは見ての通り白い段ボール箱ですが、他にも青緑系の段ボール箱と赤系の段ボール箱に入ったタイプ見かけました。よくみると……

テープディスペンサー

ということで、段ボール箱の色がそのまま中の商品の色を表しているそうです。

ワッツ テープディスペンサーレビュー

なんとなくセロテープに大きいのと小さいのが存在するのは知ってたんですが、それぞれ大巻芯、小巻芯というらしいです。なにか規格のようなものがあるのでしょうか……?
これは芯の内側に装着するか外側に装着するかで、大巻芯にも小巻芯にも対応しているらしいです。ますます100均らしくないですね。

ワッツ テープディスペンサーレビュー

開けるとビニール袋に入っていました。

ワッツ テープディスペンサーレビュー

取り出してみるとこう。やはり100均らしくないしっかりとした作りをしています。表面はサラッとしたスムースな感触。

100均のテープディスペンサー

大巻芯にも小巻芯にも対応しているという芯。

100均のテープディスペンサー

大巻芯をつけるとこんな感じなのですが、ストッパーがないのでそのまま押し込むと外れます。ディスペンサー本体に取り付けたら大丈夫ですけどね。

ディスペンサーの芯の取り付け部分にも特徴があります。

100均のテープディスペンサー

このように溝が2つあるんですが、大巻芯と小巻芯、どちらを装着したかによって芯の取り付け位置が違うんです。大巻芯を取り付けた場合は上、小巻芯の場合は下側を使います。

大巻芯の位置に取り付けたとき。

小巻芯の位置に取り付けたとき。こちらの方が沈んでいますよね。
取り付け位置でなにが変わるんだろうと思って小巻芯を取り付けながら大巻芯の取り付け位置にしてみたところ、非常に不安定になりました。よくできています……。

大巻芯のテープと小巻芯のテープ両方取り付けておいたら、テープがなくなっても芯の位置を変えるだけでいいじゃない? と思いつきやってみたのがこちら。

完全装備です。

100均のテープディスペンサー

テープもばっちり切れます。カッター部分の切れ味も問題ありません。
本体自体に重みがあるので片手でテープをつまみもう片手でディスペンサーを抑えて……という必要がなく、片手で簡単に使えます。さらに裏面には滑り止めもついています。

まとめ

100点! いいと思います。パッケージも100均っぽくない、中身もやはり100均っぽくない……どこをどうみても何が100円なのかまったくわかりません。
本当に100均商品でしょうか? どこかから流れてきたの? それくらいしっかりした商品です。

100円ショップには他にも片手で押さえて使うタイプのテープディスペンサーがありますが、断然こちらがおすすめです。これがあるうちに他のテープディスペンサーを買う理由が見当たりません。

ちょうどテープディスペンサーが壊れてしまったなんて方は、ぜひチェックしてみてください。

コメント

  1. テープ貼りに手頃で良いです より:

    仕事場の保険事務所で使うのに3コ買っていますが普通ですが十分使えています。
    とても100均とは思えないずっしりした重さで安定しています。大きなテープでも小さなテープも切り替えができ便利で家庭でもお勧めでテープ貼りに手頃で良いです。

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理者が確認後に掲載します。内容により掲載されない場合もございますので、予めご了承ください。

お客様からの商品レビューをお待ちしております。

掲載内容について
こちらの投稿は、実際に商品を使用したお客様の声を掲載しています。あくまでも個人の感想であり、実際の商品と内容や使用感など異なる場合もございますので、予めご了承ください。

北海道・東北
関東地方
中部・北陸
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄