ウォーターダンベルワッツ

2017年4月6日  投稿者:折原  コメント 0件

百均のウォーターダンベル

水を入れて使う利点が多数

カテゴリその他
購入店舗:ワッツ シルク
店舗地域東京都新宿区
購入時期:2016年
評価

ただ細いだけでなく、適度に筋肉がついた引き締まった身体って憧れますよね。
健康美が台頭する今、ダイエットと並行して筋力トレーニングに勤しんでいる、なんて方もいるのではないでしょうか?

筋トレに欠かせない各種器具といえば、本格的であればあるほど「重い」「大がかり」「敷居が高い」というイメージが付きまといます。
そんな筋トレ用品、実は100均で買えるものもあるんです。

買ってみた

今回購入したのは、シルクに並んでいた「ウォーターダンベル」です。

フォルムはよくあるダンベル。全体的にはプラスチック質でとても軽いです。
重さなんと74g。とてもじゃありませんが、どこかを鍛えるには軽すぎます。
この激軽なダンベル、一体どうやって使うのかというと、ウォーターダンベルの名の通り「水を入れて」使うんです。

ウォーターダンベルというジャンル自体、筋トレ器具界には昔からあるものなんでしょうか? 私は初見でちょっとびっくりしました。なるほどその手があったか、と。

片方の膨らみの頭がこのようになっています。

100円ショップのウォーターダンベル

キャップがあるんですよね。

そしてここを外すと……

100円ショップのウォーターダンベル

こんな感じに。
ここから水を入れて使います。

全体的な横幅は突起含め24cm、持ち手の直径は5.5cmほど。
手の小さな私でも持ちやすいサイズですね。女性の方にもいいサイズではないでしょうか。
重さは、水を満タンに入れた状態で約1kgです。

100円ショップのウォーターダンベル

左右の膨らみの一部はこのように削れる形になっており、ここを下にしておくと転がりません。

使ってみた

早速使ってみました。

持ちやすい
大きさもそうですしサイズもそうですが、全体的に女性向けなサイズ感&重さです。
軽すぎてトレーニングになっている気がしないということもなく、重すぎて回数を重ねられないということもなく、良い感じに負荷を感じる重さです。

逆に、使い方やトレーニング方法にもよるのかもしれませんが男性には物足りないのでは? という気もしますね。

キャップ部分が不安
キャップはただはめ込んでいるだけなので、やや弱々しい印象。今のところ漏れたりはありませんが、ペットボトルのように回していくタイプの方が安心でしたね。

調節ができる
これはウォーターダンベルのメリットの一つですね。
水を満タンに入れて1kg、ということは入れる量によって1kg以下の範囲で調節が効くということです。筋トレを始めてばかりの頃は水を少なくして軽く、慣れてきてからはたくさん入れて負荷を大きく……なんて使い方もできます。鉄のダンベルなどでは難しい、ウォーターダンベルならではの使い方ですね。

使う前は「水を満タンに入れなかった場合、中で水がちゃぷちゃぷ揺れて使いにくそう・余計な負荷がかかるのでは?」 という予想をしていたのですが、あまり気になりませんでした。

その他使わないときは水を抜いて置いておける、あまりないかもしれませんが旅先にも気軽に持って行けるなど、水を入れて使うことのメリットは少なくないように感じました。

まとめ

80点! 中々いいと思います。
見た目もライトですし、水を入れて使うので気軽に使える。さらに如何にも「筋トレ器具!!」といったイメージがないのもいいですね。

個人的にはマックス1kgという重さもあり、男性よりかは女性におすすめのアイテムです。

筋トレ始めてみようかな、なんて方は手に取ってみては?

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理者が確認後に掲載します。内容により掲載されない場合もございますので、予めご了承ください。

お客様からの商品レビューをお待ちしております。

掲載内容について
こちらの投稿は、実際に商品を使用したお客様の声を掲載しています。あくまでも個人の感想であり、実際の商品と内容や使用感など異なる場合もございますので、予めご了承ください。

商品名などのキーワードで検索

北海道・東北
関東地方
中部・北陸
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄