シリコンカップワッツ

2016年10月14日  投稿者:折原  コメント 0件

百均のシリコンカップ

汎用性も高くおすすめです。

カテゴリキッチン
購入店舗:ワッツ シルク
店舗地域東京都西東京市
購入時期:2016年
評価
  • おすすめ

お弁当を作る際、高確率で出るゴミってありますよね。そう、バランやアルミカップなどの仕切り類です。
かなりの頻度で使用するものの、食べ終わったら必ずゴミになります。この「お弁当を作るとコンスタントに出るゴミ」というところに、もったいなさやエコに反するものを感じていました。

そんなとき、このカップがシリコンになった“シリコンカップ”なるアイテムがあることを知りました。経験上、大抵そういったアイテムは100均からも出るものなので出先で立ち寄ったシルクをのぞいてみると……ありました。

買ってみた

本当はもう1つ同系色のカップがあったのですが行方不明になってしまいました……。なので実際は1個ではなく2個で108円です。

シリコンカップ

横から見るとこんな感じ。

シリコンカップ

上から見るとこう。底は4.3cmほど、上に行くにつれ広がっていくので、最上部は6.5cmほどになります。

使ってみた

使ってみて感じた良い点、悪い点は以下の通りです。まずは良い点から。

繰り返し使える

やはり1番はこれですね。シリコンカップの特徴でもありますが、これまで使い捨てだったお弁当のカップが「洗って繰り返し使えるものになる」というのは大きかったです。
帰ってきたらお弁当の中のゴミを三角コーナーに分別する必要もありません。また、消費するものではないので「気がついたらカップがきれてた!」なんてこともありません。

レンジOK

これは購入時に想定していたわけではなく、購入後に「そういえば……」と気づいた点です。
シリコンなのでアルミと違ってそのままレンジで温められます。出先でシリコンカップ入りのお弁当を温めるのはもちろん、作り置きして冷凍したおかずも冷凍時点でシリコンカップに入れておけば、そのままレンジで解凍ができます。

お菓子作りに

レンジOKなのでホットケーキミックスで蒸しパン、またオーブンもOKなのでマフィンなど、お菓子作りにも使えます。
さらに自立しているので生地を流しいれてもよれず、敷き紙タイプのカップのように型に入れる必要もありません。生地を流しいれ、そのまま焼くことができます。

次はデメリット面です。

形を変えられない

これは盲点だったのですが、シリコン素材でハリがあり自立しているので、お弁当に詰める際「この隙間に合わせて形を変えよう」ということができません。
壁面は沿ってくれますが底面は変わらないため、アルミカップのように変幻自在に形を変えて扱うには難しかったです。
形は固定されていると捉え、シリコンカップに合わせて他のおかずを詰めるのが良さそうでした。

まとめ

90点。お弁当はもちろんお菓子作りにも使え、汎用性も高くおすすめです。
お弁当に使うのなら前述の通りシリコンという素材上「形を変えにくい」という面があるので、最初の形選びが重要になってくると思います。
購入時の参考にしてみてくださいね。

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理者が確認後に掲載します。内容により掲載されない場合もございますので、予めご了承ください。

お客様からの商品レビューをお待ちしております。

掲載内容について
こちらの投稿は、実際に商品を使用したお客様の声を掲載しています。あくまでも個人の感想であり、実際の商品と内容や使用感など異なる場合もございますので、予めご了承ください。

商品名などのキーワードで検索

北海道・東北
関東地方
中部・北陸
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄