カナル型イヤホンキャンドゥ

2017年5月15日  投稿者:折原  コメント 1件

百均のカナル型イヤホン

問題なく使えるイヤホン。100円なら満足できる1品

カテゴリその他
購入店舗:キャンドゥ
店舗地域東京都西東京市
購入時期:2016年
評価
  • 比較

気がついたらなくなっているものって多いですよね。洗剤、ラップ、封筒……などなど、大抵は消耗品。
一方で、気がついたら“たまっているもの”もあります。色んな所でもらうボールペン、ポケットティッシュなんかが代表的です。
私は音楽を聴く際に使うイヤホンもその“たまっていくもの”の1つです。別にそこらで配られているわけでも粗品の代表格でもないのになぜか。出先で忘れたことに気がついて買ってしまうからです。当然家に帰ればあるわけで、結果増えていきます。

買ってしまった

今回も買ってしまいました。イヤホン。
ただ近くに100均があったので100円の出費で済んだのは幸いでした。家電量販店なんかで買うと500円1000円普通に飛んでいきますからね……。

購入したのはキャンドゥのカナル型イヤホン。パステル系の青が可愛らしいですね。全長は大体108cmくらい。

出先で買って使ったため捨ててしまったのですが、パッケージはジップ式でした。充電器しかりカードリーダーしかり、100均の家電系ってこういうパッケージに入ってること多いですよね。

そして、普段使っていてそして今回家に忘れてきたオーディオテクニカという会社のイヤホンがこちら。

100円ショップのカナル型イヤホン

イヤホン部分を比べてみました。

100円ショップのカナル型イヤホン

見ての通り100均の方が小ぶりですね。……と思ったら小ぶりの100均のは「カナル型」、大ぶりなオーディオテクニカの方は「インイヤー型」と呼ばれ、そもそもタイプが違うそうです。どっちも深く耳に突っ込むので同じかと思っていました……。

接続部分の形も異なります。

100円ショップのカナル型イヤホン

100均はストレートなI字、オーディオテクニカの方はカクッと折れるL字です。なんとなくL字の方が負荷もかからなそうで耐久性が高い気もします。

ケーブルを比べるとこんな感じ。

100円ショップのカナル型イヤホン

やっぱり100均の方が細いですね。そして柔らかい……。張りがなくふにゃふにゃしています。
このあたりの違いは耐久性がモロに出ると思います。

使ってみた

キャンドゥのカナル型イヤホン、実際に使ってみました。

音はぼやける
音はこもった感じに聞こえます。全体的にもや~としていますね。おそらくよく言われる「クリアな音質~」とかいうのとは対極にあるかと思われます。まぁここは普段使っているオーディオ機器やイヤホンに左右されるとことですよね。私は高音質な音楽を楽しみたいというよりかは外部の雑音を音楽でシャットアウトできればいいや、というレベルなのでそもそもあまり音質にこだわっていないのですが……。
ただ「素晴らしい音質!!」ということはありませんが、大きな雑音が入ったり音が途切れたりといった、イヤホンとしてどうなの? というレベルの問題はありません。

フィット感も良好
フィット感も良好です。大きすぎて耳が痛くなることや、小さすぎて外れてしまうということはありません。比較的耳が小さな私でこれなので、男性の方だとやや小さいかも? という気はします。
大きさ違いのイヤーチップが付属しているわけではないので、心配な方はイヤーチップを一緒に購入するといいかもしれません。

ケーブルが細い

これは上のオーディオテクニカとの比較でもわかることですが、ケーブルは細いですね。そして柔らかいです。
ちょっと引っかけたりでもしたらすぐ断線して片方聴こえなくなる……とか容易に想像できます。

まとめ

80点!
音質にこだわるかたには勧められませんが、音が流れればいいという方にはおすすめです。

ケーブルの柔さもあるのでおそらくそう長く使えるものではありませんが、出先で緊急に購入して後は消耗品と割り切る分には十分なクオリティだと思います。

コメント

  1. 100円だから より:

    確かに音はボヤボヤするというかこもったように聞こえるので、そこは気になるのですが100円なので音が聞こえれば良しかなと思います。
    耳に入れる部分は女性には少し大きいと思いますので、気になる方は換えのキャップを購入されることをオススメします。

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理者が確認後に掲載します。内容により掲載されない場合もございますので、予めご了承ください。

お客様からの商品レビューをお待ちしております。

掲載内容について
こちらの投稿は、実際に商品を使用したお客様の声を掲載しています。あくまでも個人の感想であり、実際の商品と内容や使用感など異なる場合もございますので、予めご了承ください。

商品名などのキーワードで検索

北海道・東北
関東地方
中部・北陸
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄